第二展望台編の続きです。


第二展望台から1キロメートルほど下にある第一展望台の方ですが、ここは新たな思い出の場所になりました。

12月13日、Facebookに
「平沢第一展望台。セイタカアワダチソウとススキが邪魔でごさいます。仕事として作業に来れないか、ヤマザクラ課に相談してみます。ただ、絶壁だから危険な作業になりますね。シロウト1人では無理そう(・Д・)」
と書きました。すると、この投稿を見た一般の市民(イケメン)から協力の申し出があったのです。
Fire0103

およそ一週間後に2人で除草作業をすることになり、高度なスキルを持った一般の市民(イケメン)のおかげで、短時間でとても美しい展望台になったんです。
高度なスキルを持った人に無償奉仕していただいたので恐縮しておりましたが、「地元の人間なんだから当然です。」と言い残し立ち去って行かれました。
イケメンさんは顔だけでなく心もイケメンだった!
除草作業報告書
桜川の協力隊のうち、ボクと千葉隊員は里山保全が主なミッションです。自分たちが作業するだけでなく、市の内外のみなさんにご協力を得て保全活動をパワーアップしていくのが目標になります。コロナ禍で困難ななかでも、一緒に里山保全活動に参加してくださるかたの存在は本当にうれしく励みになるのです。忘れられない思い出ができました(・∀・)

IMG_1585
【作業前】↑セイタカアワダチソウは展望台の柵を越えていました

IMG_1616
【作業後】↑見渡せる展望台へ!

#平沢展望台 #平沢高峯展望台 #地域おこし協力隊  #桜川市  #茨城県 #茨城 #協力隊 #いばらき #地域おこし #町おこし #町興し #まちおこし #田中瑞穂