IMG_0187

大好きな作品です。なんといっても作画が美しい。展開もスムーズで無理がないです。
 タイトルが「女王陛下と呼ばないで」というくらいなので、ヒロインはやがて女王陛下になります。その過程でとある事件が起きて―――というミステリー!?っぽい作品。
 異世界転生とか、チート能力とか、悪役令嬢設定とか今流行の要素は何もありません。特徴はチェスが大好きなひきこもりの女の子というだけ。まあ、王様の孫というのが普通ではありませんが。イケメン王族も出てきますが恋愛要素ゼロでございますよ。
 ヒロインのフランチェスカは、幼い頃からチェスを通して人間観察をしていたために、相手の人柄をある程度感じることができるようになりました。騙そうとする人や取り入ろうとする人の醜い心を感じ取ってしまい、ひきこもりの姫になってしまったのです。
 そんなフランチェスカを心から大切に思っていた国王が亡くなるときに、彼女は次の国王候補の一員に指名されてしまいました。ひきこもりな彼女が国王になる気はありませんでしたが、自分を大切に思ってくれた国王の気持ちを尊重するため候補者になり、他の有力候補3人と話し合うことになりますが、はたして―――。
 好きなエピソードがあります。これはコミック1巻には入っていませんが、もう一人の国王候補と一緒に「敵」に拘束されてしまう場面です。フランチェスカは縄で縛られているもう一人の候補者の縄に噛みついて歯で縄を切るのです。もう一人の候補者が無理をするなと言いますが彼女は毅然として言い放ちます。「女だとか貴族だとかそんなこと今は関係ありません。生きるためですから」と。このシーンが非常にカッコイイ(・∀・)

#アニメ #
女王陛下と呼ばないで #地域おこし協力隊  #桜川市  #茨城県 #茨城 #協力隊 #いばらき #地域おこし #町おこし #町興し #まちおこし #アニメツーリズム #田中瑞穂